FC2ブログ
 

まるたか商店

だざいくん。



RIMG0293_convert_20120222090939.jpg


ねえ君、

人は、万華鏡のようなものだよ。



キラキラ光る硝子だの、色紙だの、


人それぞれの 色と形と割合で

人それぞれの 筒型に入れた


万華鏡のようなものだよ。



RIMG0294_convert_20120222091035.jpg


世間がそれをくるくる回す


すると模様がまるで変わって、

時には美しかったり 時には奇妙に見えたりするけれど、

中身は同じ。いつでも同じ。



RIMG0297_convert_20120222091117.jpg




ぼくを創る成分は何ら変わりはしないんだ。

変わることは出来ないんだ。




RIMG0296_convert_20120222091056.jpg


君がぼくを覗き込む時

君はそこにどんな景色を見るだろうか

暖かい気がしてならない。

君の瞳は、とても暖かい。




時を超えても粒子は残る

キラキラ光る硝子のような、

気まぐれに切った色紙のような、

人を 創る、成分は。その粒子は。



君は感じているんだろう?



RIMG0298_convert_20120222091138.jpg



こんにちは!
店主のツムリ姉さんです。

今日は、ちょっと変わったカスタム・二ギさんのご紹介です。

「太宰治」という、オーダー。。。。。(汗汗汗)

そ、それも、

太宰治疎開の家「津島家新座敷」さま
からですよ!!(汗汗)

しかもツムリ姉さんは太宰が好き。

恐れ多いというか、緊張して殻から出たり入ったり。。(><)))

お届けするのも、お届け後も、こんなに緊張した事ないかも!? 笑



奥様も旦那様もとーっても素敵な方で、

喜んで下さり、本当に嬉しかったです。。。☆


こんなお写真も送って頂きました!


画像-0205


おお。。。。完全に、くつろいでる。。。wwww

ありがとうございます!!!!!




青森といえば太宰。
太宰といえば斜陽館、と知られているのかなーと思いますが、、、、、



有名な生家斜陽館のすぐ近くに、

太宰治の面影をリアルに感じられる特別な空間がもう一つあります。


2007年に初公開となったこの建物は

通りの受付の建物の奥に隠れていて、外からはよく見えません。

しかし、入館してみた方だけが意外な全貌と太宰との関わりを知ることになります。

昭和20年7月末(太宰治36歳)。

戦禍をのがれてふるさとに疎開した太宰は、

妻子と共に1年3ヶ月余りここに暮らし、数々の作品を執筆しました。 
 
実は、文壇に登場してからの太宰の居宅として唯一現存する建物です。

この太宰の書斎で、もうひとつの太宰治物語をお話しています。


太宰治疎開の家「津島家新座敷」HPより




。。。それが、


太宰治疎開の家「津島家新座敷」

http://dazai-ya.shop-pro.jp/




「パンドラの匣」「冬の花火」etc、

ここでの執筆は二十数作品にも及ぶそうです。

(ここで、書いてたんだぁ~~~☆)って思うだけで、

ファンなら行ってみたくなりますよね!


訪れた方の感想を読んでも、

「本家よりも作家の息づかいを感じる場所」

「身近に太宰を感じる」「小説の世界と繋がったような」

「『見た』のではなく『体験』した」


などなど、皆さん太宰スピリットにハートをふるわせているのが感じられます。
http://dazai-ya.shop-pro.jp/?mode=f8



また、皆さん口を揃えておっしゃっているのが、

「ガイドが丁寧で心のこもったお話が素晴らしい」とのこと。

太宰ファンじゃない方であっても、ここを訪れたらきっと、

知らなかった太宰治の一面に触れる事が出来そうです。



そんな素敵なガイドをなさっている白川さんのブログ。

太宰治疎開の家「津島家新座敷」店長ブログ





ツムリ姉さんも、もう少し雪がゆるんだら、母を連れて

ちょい旅気分で津軽鉄道に乗ったりしつつ^^

訪れる事を楽しみにしております♪♪


皆さんもぜひ!

そして、太宰くんニギニギに会ったら、

優しく一声かけてあげて下さいませ~~(願)





どうもありがとうございました!!
(^^)



****************************** 
3月のイベントについてのお知らせとご連絡があります!
コチラをくりっく☆


制作日記はコチラから! 

TRUE FREE CHILD
****************************** 




スポンサーサイト



おしらせです!(3月のイベントについて)

☆お知らせ☆
**************************************

こんにちは~
店主のツムリです。
今日は、3月のイベントに関するお知らせです!


3/24・25に開催予定の「癒しの集い」inさくらの弘前店ですが、
中止ということになりました。

楽しみにして下さっていたお客様、ごめんなさい・・!
(T_T)


**************************************

昨年末、イベントで出会ったお客様にも、
「次はいつですか~」と聞かれるたびに「3月のサクラノです☆」とお答えしていた私でしたが、
またイベント出展の際はブログで告知して参りますので、よろしくお願いいたします。


☆そしてごれんらく。☆

**************************************


それで。。。
「3月のイベントの時に」ということで、商品の予約、リクエスト、
またお引き渡しを予定されていたお客様がいらっしゃるので。。

ご連絡先のわかる方には個別にご案内させて頂いておりますが、
そうでない方で、オーダーに変更したいな~という方がもしいらっしゃいましたら、
大変申し訳ないのですが、メールフォームよりご連絡頂ければと思います。
お手数ですがどうぞよろしくお願い致します。
(><)

またイベントなど出展する際は、こちらで告知致しますね。


☆ごれんらくその2。☆

**************************************

「3月イベント時にサクラノにて受け取り希望」
ということで、
昨年末、クリスマスマーケット時にカスタムの二ギさん
をオーダーして頂きました、
K・M様へ☆


オーダーの二ギさんが完成次第、ご自宅へご連絡をと思っておりますが、
もしよろしかったら、メールフォームよりご一報下さると嬉しいです。
M様がいちばん楽しい感じ♪でお渡し出来ればなぁと思っておりました。
よろしくお願い致します。


**************************************

以上、とりいそぎ3月のイベントに関するお知らせとご連絡でした。
店主のツムリも皆さんに会えないのは残念~(><)ですが、
またの機会を楽しみ!!にしたいと思っております。
その時はまた遊びにいらして下さいね☆
よろしくお願い致します。
(^^)


関連記事。制作日記です
TRUE FREE CHILD

サンクチュアリの小さな精霊。



ニギニギ王国を 海岸沿いにどんどん進むと、
小さな島があります。

その島は、太古の昔、光で満ちていて、
不思議に美しい魔法使いがいた という伝説があります。


魔法使いは、
可愛らしい青い屋根の、小さな塔を建てました。


そこでは誰もが癒されて、
光で全身を満たすことが出来ます。


訪れた人々は、
喜びにあふれて、また明日から楽しもう!と
笑顔で塔を出ていくのです。




RIMG0291_convert_20120203112519.jpg



この小さな精霊は、そんな聖域を守護していました。


誰に頼まれた訳でもありませんが、ただ、精霊は大好きだったのです。


その、
透き通った光で満ちた空間と、その聖域を司る魔法使いのことが。




RIMG0292_convert_20120203112542.jpg


*******************************************





一体どれだけの時を超えたのか、、、

ヤッタ~!また、大好きな魔法使いさんに会える!!と、

大喜びで旅立って行きました。^^

創らせて頂いてありがとうございました☆





☆ねがいごとニギニギ☆

メールフォームより、お願いごとやお話を聞かせて頂いて、

その方の為のニギさんを、ニギニギ王国へ行って連れて来ます。

なので、オーダー頂いた時点では、

どんなニギニギになるのか、お客様にも創る私にも解らないという、

特殊な二ギさんになります(笑)

他のカスタムのように、リクエストなどお受け出来ませんので、

そういった点もふまえて楽しんで頂ける方、にオススメです^^

詳細お問い合わせは、メールフォームよりお気軽にんにん☆ 









今日の二ギさん画像は、コチラにも。

制作日記TRUE FREE CHILD